TITP'S

人手不足解消を
支援する無料ツール

TITP'S

新型コロナウイルスワクチン、技能実習生も接種対象の可能性大

2021.03.22

新型コロナウイルスは、いまだ世界中に多大な被害を及ぼし続けています。しかしワクチンが開発され、接種が始まったことによって状況は変わりつつあります。日本でも接種が始まり、将来的には外国人技能実習生もワクチン接種の対象になる見込みも出てきました。

ここでは技能実習生を含む日本在住の外国人と、コロナワクチンの状況についてまとめてみました。
住民基本台帳に登録されている実習生は、いずれワクチン接種の対象となる可能性が高くなってきました。

技能実習生は「ワクチン接種の対象に可能性が高い」

2021年3月現在の日本では、新型コロナウイルスのワクチン接種の範囲について、明確な方針が決まっていません。日本国籍のある人は無料接種対象になりますが、日本在住の外国人についてはきちんと決まっていないのが現状です。では技能実習生はワクチン接種ができないのか?

結論としては「接種対象となる可能性が非常に高い」です。

2021年2月2日時点で、行政改革担当大臣・ワクチン接種担当大臣である河野太郎氏が「各自治体の住民基本台帳に登録されている“外交官、駐在員、そのほか日本に滞在している外国人”は接種の対象となる」とツイッターで発表。政府からの正式発表ではありませんが、ワクチン接種担当大臣のツイッターである点を考えれば、発言の重みは十分だといえそうです。

外国人も含めて住民基本台帳に登録されている全員が、公費での無料ワクチン接種が受けられる見込みが高くなったのです。

国内に居住する全員がワクチン接種することが重要

ちなみにアジア圏では、すでにマレーシア政府が国内に居住する外国人も含めて無料でのワクチン接種を開始しています。マレーシア人の接種が先になりますが、外国人についても「ワクチン接種・第3段階」で接種が始まるそうです。

日本の在住している外国人に無料ワクチンが提供されるかどうかは、これまで明言が避けられてきました。

しかし世界中でグローバル化が進んでいる現在は、自国民だけのワクチン接種にこだわっていては感染を防ぐ効力が少なくなるでしょう。新型コロナウイルスは国籍・性別に関係なく観戦しますから、感染者を減らすためには日本に居住する外国人も含めてワクチン接種を進めていく必要があるのです。

日本人・外国人のワクチンで感染予防を

日本でも外国人は共存する社会に変わりつつあります。日本人・海外からの留学生・外国人労働者・移住者・技能実習生と日本に住む外国人も多様です。

感染症は国籍を選びませんから、国内全体の状況を見ながらワクチン接種を進めていく必要があるでしょう。