TITP'S

人手不足解消を
支援する無料ツール

TITP'S

どの職種の技能実習生も要注意!夏のマスク熱中症

2020.07.11

どの職種の技能実習生も要注意!夏のマスク熱中症

新型コロナウイルスの感染予防として、夏であってもマスクが手ばなせないようになりました。

予防策として有効であるマスクですが、夏の間は「マスク熱中症」に注意が必要です。日本の夏は、高温多湿のために熱中症になる人が多い時期。マスク着用で深刻な熱中症になる前に、どの職種の外国人技能実習生もきちんと対策をしておきましょう!

マスク着用で熱中症リスクが上昇

新型コロナウイルスの感染防止策として、次の3点が重要だと言われます。

1.社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保・「3密(密集、密接、密閉)」を避けること
2.手洗い、アルコールによる消毒
3.マスクの着用

いずれも季節を問わずに必要な対策ですが、夏の間はマスク着用による熱中症が心配されています。

マスクは飛沫感染を予防する観点から必須アイテムですが、着用時には心拍数や呼吸数が上がり、体感温度が上昇することがあります。高温多湿な環境下ではマスクをしていない時よりも熱中症になりやすいために、いつも以上に体調の変化に注意しましょう。
また隣の人とのあいだに2メートル以上の距離を確保できる場合は、マスクをはずしても大丈夫だと言われます。

こまめにマスクをはずして体に余計な負担をかけない配慮も必要です。

マスクのせいで渇きに気づかず、熱中症に

夏のマスク着用が深刻な熱中症につながるには、理由があります。

人間は気温が上がると呼吸で冷えた空気を体内に取りこんで、少しでも体の中にこもった熱を発散しようとします。これで体温を下げるのですが、マスクをしていると入ってくる空気もマスク内の温かい空気だけです。これではいくら呼吸をしても体が冷えず、それどころかどんどん暖かい空気を体内に入れる事になるので体温は上がっていく一方。体温が下がらないので熱中症になるのです。
またマスク着用時は口のなかや咽喉に湿気があるため、のどの渇きに気づきにくいこともあります。

長時間マスクで口元をおおって作業していると、脱水に気づかず、身体が深刻な熱中症になるまで作業を続けてしまうかもしれません。
時間を決めて水分補給をすることも大事です。

十分な距離があればマスクをはずし、定期的に水分補給

日本では毎年、多くの人が熱中症で倒れて救急搬送されています。気象庁は2020年も暑い夏になるという予測を出していますので、例年以上に熱中症対策が必要です。

適宜マスクをはずす、時間ごとに水分を取るなどのほかに、各メーカーが「接触冷感マスク」というヒンヤリ感があり口元の蒸気を逃がしやすいマスクを開発・販売しています。上手に取り入れて熱中症対策をおこないましょう。